<環境省>行政事業レビューを実施 3事業を廃止へ(毎日新聞)

 環境省は9日、事業の無駄を自ら洗い出す行政事業レビューを実施した。山小屋のトイレ設置補助事業(10年度予算計1億2000万円)など6事業を検討し、同事業を含む3事業が「廃止」、残り3事業が「抜本的改善」と判定された。

 他の廃止判定は、業務用省エネ機器などへの補助事業(同3億2600万円)、地域でごみ問題やリサイクル活動に取り組むNGO(非政府組織)などへの支援事業(同2900万円)。

 山小屋トイレをめぐる議論では、同省の担当者が山岳地域での設置コストの高さや排せつ物による環境汚染を主張して必要性を訴えたが、外部有識者から「山小屋は基本的に民間の運営。利用者から徴収する利用料で賄うべきだ」などの指摘が相次いだ。

【関連ニュース】
環境省:雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明

都城でも口蹄疫の疑い…畜産王国にショック(読売新聞)
「仲間内でやっていた」野球賭博申告の力士ら(読売新聞)
同じ病室2年前もチューブに穴 大阪・豊中の病院、殺人未遂(産経新聞)
千葉・松戸市長選、民主推薦の新人が初当選(読売新聞)
ベンチャー企業の治験相談「直ちに廃止」と結論−厚労省行政事業レビュー(医療介護CBニュース)
[PR]
by xtyo56xm9z | 2010-06-16 14:57
←menu