竹島周辺海域の地質調査、韓国に中止を要求(読売新聞)

 福山哲郎外務副大臣は16日、韓国が領有権を主張している竹島の周辺海域で、韓国政府系機関の韓国海洋研究院が地質調査を実施すると発表したことを受け、権哲賢(クォンチョルヒョン)駐日韓国大使に対し、「受け入れられるものではなく、調査の即時中止を求める」と電話で抗議した。権大使は「本国に伝える」と述べた。

 竹島を巡っては、韓国政府がヘリポートの拡大工事を進め、周辺に海洋科学基地の建設を計画しているとの韓国側報道もあり、自民党などが批判を強めている。

 ただ、岡田外相は衆院外務委員会での答弁で「不必要な摩擦を招かないようにしたい」として韓国による竹島の「不法占拠」との表現を使わない考えを繰り返している。

<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)
<空自談合>国交省が指名停止処分(毎日新聞)
徳之島案、県連に説明=官房長官(時事通信)
群馬の1100万年前地層で発見 化石は新種のヒゲクジラ類(産経新聞)
<馬淵副国交相>整備区間建設中止も…高速道に新たな枠組み(毎日新聞)
[PR]
by xtyo56xm9z | 2010-04-20 05:43
←menu